2012年・合唱の集い終了

15日(日)、文京区合唱の集いが終了。

”無事”と書かなかったのはコーラスと一緒に演奏したヴァイオリンの
初めの一音が何故か本番で”出なかった”(苦笑)。

私も瞬間的に”あれれっ!”と思ったものの、
止まるわけにはいかないのでそのまま弾き始めていると
ヴァイオリンもついてきたので何事もなかったように最後まで演奏いたしました。

そうです、音楽は生ものですので、
何があってもその場で反省していてはいけません。
弾き続けることでミスも挽回できるのです!

もちろん完成度からいくと完璧ではありませんが、
完璧に弾くことよりも大切な何かがあると思っています。

その証拠に、
演奏終了後他団体の演奏を聴いていましたが、
結構上手なのに心に響いてこない演奏と
少ない人数でも細やかな音楽表現で
思わず”聴こう”という気にさせる演奏がありました。

どちらが良かったかというと、もちろん後者です。

何が違うのかな~ととても勉強になりました。

でもアカペラはやはり音程と音色が大切ですね・・・。

あせらず、丁寧に練習していくしかないようです。

どんな練習を取り入れていくかも、
コーラス指導を始めた私にとっては必要なことだと自覚しました。

かえって専門分野ではないので、
いろいろ試行錯誤して進めていこうと思います。

さぁ、今週も頑張ろう!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2012-01-16 08:57