<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

私はピアノを教えるだけではなく、歌の方の音取りや発声も指導させてもらっています。

私自身は小さい頃からやっているので
ドレミで音程を取ることや、音符の長さなどもう当然の事のように歌えますが、
こういう基礎の部分をアマチュアの方に教えるのは実はなかな~か大変034.gif

でもなかなか出来ないからといって”素質がないね”・・・と片付ける音楽家にはなりたくないんです。
(音大だとこんなこと当たり前に言われます031.gif

上手く音程が取れない、音程が下がってくる・・・年齢が高くなれば誰でも出てくる問題です。

上手くなければ歌う資格がない・・・そんなことはありません。

歌うことが大好きだったら・・・練習する粘り強さを忘れない勇気を持ち続けて欲しいと思います。

上手く歌うより、どう歌いたいのか・・・もちろん技術は大切ですが、
何かを伝えたい、伝える音楽でなければ魅力はないんじゃないかな・・・と思うこの頃です。

教えている側としては、少しでも上手になってご自分で喜んで欲しい・・・それだけです006.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-22 20:20
17日(土)は伴奏の仕事がありました。

2団体の女声コーラスの専属ピアニストなので、
年に数回はいつも恒例になっている本番があります。

今日はYコーラスさんと一緒でした。

11月9日(月)にリサイタルを予定しており、
今回は今まで一度もステージにのせていない曲を4曲演奏しました。

伴奏の難しいところはソロと違い、
自分だけが頑張っても決して良いステージにはならない・・・ということです。

もちろん伴奏者としてその曲をコーラス以上に熟知しておくことは当然ですが、
歌が好きで趣味で始られたコーラスを伴奏するときは、
歌とのテンポ感や音量、ブレスの長さなど・・・etcを良く聴き、ほとんどの場合ピアノが合わせます。

しかし・・・本番で何が起きるか・・・本当に油断できません042.gif

昨日は特に何事もなく、むしろリハより声の伸びもよく良かったと思います。
これもリサイタルに向けて練習を集中的に皆さんで重ねたからですね。

ピアノはアカペラと違い音が下がることはありません(調律の状態によりますからね・笑)。
なので歌の方には申し訳ないのですが音程が違うとても気になります。
体がよじれてくる・・・といいますか。

今回、1曲だけアカペラの曲があり、
ピアノは弾かずに聴いて待っていたのですが・・・・おしい034.gif
どうしても音が下がってくるので思わず一緒に歌いたくなりましたが(笑)、
そんなことできるわけがありません

おしいな~・・・と、ピアニストはコーラスを見守っているのです037.gif

リサイタル前に小さな本番があり本当に良かったです。
この感覚をYコーラスの皆さんにもつかんでいただき、
11月のリサイタルは頑張りたいと思います。

音楽ってやっぱりいいな~。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-18 15:34
ピアノの練習に限ったことではありませんが、
自分の気持ちとの付き合い方ってなかなか難しい002.gif

本番が近いので練習したほうが良いのはわかっているのですが・・・
時間があるのにピアノに触らない・・ということが続く・・・。

そういう場合は、大体弾けているな~と思っている時です。

しかし、これはあまり良いことじゃない・・とわかっている自分もいる。

試験前につい大掃除を始めるという話を聞きますよね。

どこか現実から逃避してしまうのか、はたまた気分転換???

それなりに、いつも最後にはなんとか乗り切ってきましたが、
今回はちょっと前向きにやらなければいけない事を前倒しすることにしました。

これだけでも気分が楽ですね、おすすめです。

今回はまずなんといっても楽譜のコピーとそののり付けです。

今日はこの段階までこなしたので結構気分がよく、
そのまま夕方と夜にプチ練習できました。

やればできるじゃないか!私!

さて、これをうだうだと明日まで延ばしていたら・・・

美味しいランチも楽しさ半減、
その後のレッスンもそこそこにコピーに行かねばならなかったはず。

今日はもう進めておいた方が良い事はやってしまったので明日が楽ですね、
また練習を少しするだけですから。

いつも焦る原因は、一度にやろうと頭で考え過ぎることなんじゃないかと思います。

結局スタートも遅くなるし、
遅いスタートながらそこそこの結果が出てしまう・・・。

じゃあ、もう少し早く手をつけていればさらに良い結果を期待できるかも??

それは決して上手く弾くとかではなく、
自分の納得のいく仕事ができるか・・・ということです。

昔はピアノの練習を一日サボると取り戻すのに三日かかる・・と
言われていましたが、
気分が乗らないときは全く弾かないこともあります。

でも昨年からソロの本番が増え、
また弾くことが楽しくなってくるとピアノを触る時間も増えてきました。

集中した30分を一日に何回かもてる様に努めることが、
今の私には効果的なようです。

特にピアノに向かう気持ちとして、
決められた時間内で工夫して練習した方が
私には効率が良いように感じられます。

気分が乗ってきてもし練習する時間がまだあるようでしたら、
ずっと弾き続けていれば良いのですから。

とにかく一歩でも前進できれば良しである。

欲張らないこと・・・望みすぎないこと・・・
目標のために今の一歩をこなす勇気を持つこと。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-15 00:56
気になるのはScarlattiだけではなく・・・11月にあるコーラスの伴奏です。

特にコーラスが作曲家の先生に委嘱した作品は、

中途半端な演奏はできない!

しかも、当日は聴きに来て下さることが決まっており、

そうなるといつも以上に緊張は倍増だわね~042.gif

でもですね、

私の中ではその先生が来て下さるから・・・というような気持ちはありません。

聴きに来てくださったお客様お一人お一人の心の中に何か残るような演奏をしたい・・・それだけです。

それにはまず曲に対して自分が納得するものを考え、

それを表現できるだけの演奏力をつけていなければ、

本番でいつも以上の何かが生まれることはない。

しかも今回はソロではなくコーラスとの共演ですから、

私一人の想いが先走っていもいけないわけで。

弾きながらコントロール(前に出たり、後ろに引いたり)できる余裕を持ちたいので、

気ばかり焦るだけでなく、とにかくピアノを弾いていこうと思います。

きっとこの作品は私達のリサイタルの後出版され、多くの女声合唱団で歌われるに違いないと思います。

そのくらい素晴らしい曲です!

・・・だからやっぱり頑張るしかないのだ~!

今日は夜ちょっと弾いてみました。

大体弾けている気がするのですが、まだまだ本番で揺らがないほどではないと思っています。

ここからが勝負です!

認耐ですね~042.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-13 23:11
いえいえ、気になるのは” Fandango ”(ファンダンゴ)ですよ015.gif

結局可能な範囲で調べた事から推察しますと、

楽譜自体はとてもシンプルなものらしく、

演奏者が即興でメロディを変えて弾くようです。

つまりアドリブ!!!

ん~~~、悩みますね~こういうのは(苦笑)。

時間のないときは無理ですね~。

結局ないものにイライラしていても仕方ないので、

ソレルという作曲家の” Fandango  ”を見つけました。

” Fabdango  ”というスペインの踊りのリズムをまず知るためには、

ソレルの作品を弾いておくのはひとまず良い方法でしょう。

同じメロディーを繰り返しながらバリエーションで変化させていく曲になっています。

どうやらフラメンコのギターと歌い手と踊り子の様に、

お互いにリズムを変化させながら影響しあうセッションをイメージしている感じ。

左手はわりと同じ旋律が繰り返され、右手は跳躍や連打ありの超絶技巧です021.gif

しかし、なぜScarlattiにはまってしまったのか・・・???

思い出してみるとすでに小年3の時にはコンクールの課題曲で弾いており、

確か結構気に入って弾いていた記憶があります。

そのとき買ってもらったLPレコードもまだ持っています。

とにかく来年は”チェンバロとスペイン”にご縁がありそうです。

こういう勘は当るのよね~、ふ、ふ、ふ。

でも知らなかった曲にまだ出会うものですね。

まだまだ勉強です006.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-13 22:45
今マイブームはD.Scarlatti。

チェンバロコンテストに参加したのも
D.Scarlattiをチェンバロで弾いてみたかったから016.gif

さて、少しやる気になったのでCDをいろいろ聴き比べていうちに、
”これは弾いてみたい!”という曲に出会いました。

~Fanadango~

スペインの踊りのリズムを取り入れた作品でラテンの雰囲気満点です!

銀座のヤマハで調べていただきましたが、
待てども待てども・・・・???

どうやら楽譜辞典にも掲載されていない作品のようです015.gif

これはマズイ・・・。

なんだか簡単には手に入らない予感がしてきました。

でも、まだこの段階では輸入楽譜店に行けば・・・と思っていました。

帰宅後、PCで検索してみますと・・・

ないですね~~~~015.gif

これは困った・・・・。

1時間半ぐらい調べましたが収穫ナシ。

今日も1時間半調べましたが収穫ナシ007.gif

大学の図書館か東京文化会館の音楽資料室へ行って調べるしかないかも。

はたまた海外在住の友人に協力してもらうしかないかな~~~。

本当に” Fandango ”は弾けるのだろうか・・・前途多難です。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-11 17:13
今日は11月9日(月)にある女声コーラスのリサイタルのリハーサルでした。

当日演奏する曲順にすべて演奏しました。

全部通すだけで2時間弱です~~~042.gif

コーラスの方々は当日の衣装も着用し、演出もお試しバージョンでとにかくやってみました。

今日は当日ピアノの譜めくりをお願いした音楽仲間でプライベートでも友人であるOさんが水戸から着てくれました。

もしリハが昨日でしたら台風でアウトでした。

さて、譜めくりは誰にでもお願いできるというものではありません。

それなりに上手い・下手があり、ピアノが弾けるから上手いかというと・・・
決してそんなことはありませ~ん029.gif

今までにあった譜めくりのトラブルは・・・

・2枚同時にめくられた(弾きながら自力で戻しました!)
・めくるのが早すぎる(そんなに先まで覚えていませんって!)
・めくるのが遅すぎる(次の音が知りたいんだよ~!)
・かなり早くから立ち上がりピアノの側で待機(左腕とぶつかりそうでもの凄く弾き辛い!031.gif

難しいのに注文がうるさくてごめんなさい。

しかもいつもは自分でめくっているので、
側に人がいる状態で弾くことに慣れなければ・・・。
もう何十回も譜めくりしてもらっているのにやっぱり毎回気にはなるのです008.gif
何でしょう・・・気配が気になる?って感じかな。

次回彼女が来てくれる日まで、もう少し自分の演奏の完成度を高めて余裕を持ちたいと思います。

全曲通し、本番に向けての見通しを立てるのが今日の目標ですから良しとしますか。

特にコーラスの皆さんが作曲家の先生に委嘱した初演の作品があるので、
これはもう少し研究しなければまずい・・・と。

このブログは伴奏ピアニストの奮闘記・・・です003.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2009-10-09 21:25