<   2010年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

28日は植山けいさんのチェンバロコンサートへ行って参りました。

チェンバロを自分が弾くに当たり、何かヒントはないかとインターネットで検索していた時に偶然ブログを発見したのがきっかけです。

植山さんはパリ在住の演奏家ですが、ラッキーにも東京でコンサートを企画されていることを知ってからずっとこの日を楽しみにしていました。

チェンバロ好きな友人と会場の新大久保にある東京福音ルーテル教会を訪れました。
2階に会場になる礼拝堂があり、モダンながらも落ち着いた素敵な礼拝堂でした。

ここならチェンバロの演奏も落ち着いて出来そう・・・。

通常礼拝堂の椅子は木製で長い時間聞いていると
お尻が痛くなるのではと一瞬考えましたが(笑)、
こちらの椅子はその辺も考慮されクッション付きで快適でした。
信者さんのことを考えて作られているのですね。

さて、この日のチェンバロがまず素晴らしい物でした。
会場のライトでは弱冠色合いがオリジナルとは異なって見えると思いますが、
渋い赤をベースに金色の鳥達が舞っているという・・・。
ただただ素晴らしく、ため息ばかり。

そして演奏家・植山さんの登場!
細身の方ですが弾き始めるとその存在感は聴衆を引き付ける演奏でした。
J.S.Bachのゴールドベルク変奏曲を演奏されましたが、途中の休憩を入れず約1時間の演奏でした。
これはかなり集中力が問われる大変な演奏だったと思います。

これは演奏終了後、植山さんにご挨拶した折にお聞きしたことですが、
実は休憩を入れる予定が当日になって
演奏を録音するテープの都合上休憩はカットになってしまったのだそうです。

恐ろしい~~~(笑)

30分弾き終えたところで休憩・・と思って、そこからまた後半・・・と思っている演奏家にとって、続投・・・みたいな感じです(苦笑)

演奏家は体力勝負です。

後半は益々集中力が増し、素晴らしいBachの世界でした。

ご本人は途中から”開き直った”とおっしゃっておられました。
わかる気がいたします(笑)

私自身がチェンバロを弾かなければ絶対に出会えなかったコンサートでしたので、
素晴らしい演奏を聴きながらチェンバロとの不思議な縁を勝手に感じておりました。

音楽の世界がまた一つ広がった・・・といいましょうか。

これは私の人生にとって大切な宝物になったと感じています。

3月のコンサートでチェンバロの調律をされていた方が偶然にも調律をされていらしてまた驚きました。

確かに古楽器の世界はピアノの世界より狭そうですものね。
素晴らしいチェンバロはすでにお亡くなりになられている堀さんとおっしゃる方の作品だそうで、これもまた今後調べていきたいと興味を持ちました。

6月には浜松の楽器博物館へ行く予定ですので、もしかしたら出会えるのではと思います。

チェンバロ・・・皆様も是非一度コンサートへお出かけくださいませ。
癒されることは確かですよ。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-29 11:18
6月上旬の仕事で龍馬伝のメインテーマを演奏したいと思っています。
楽譜を購入したので、早めに練習、練習003.gif

出だしを弾いてみると・・・格好いい053.gif

でも元曲がオケ版なので上級者用の楽譜は結構細かい音が散りばめられています。

これがなかなか大変~~。

今日はとりあえす1時間、思うように進まなくても弾いてみました。

とにかくJポップは弾いて慣れるしかありません。
クラシックと違いリズムが複雑で、簡単に初見で弾けるようにならないところがジレンマです021.gif

自分の気持ちを曲に乗せて弾けるように、早く全体を把握したいです。

明日も頑張ります!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-27 21:59
なかなかすっきりしたお天気になりませんね。

今日は久々のOFFでしたが、なんだかまったりと過ごしました。

しかし6月に小さなソロのコンサートを依頼されていますので今日は選曲会議。

・・・って、自分一人で考えた曲順に弾き、タイムを計りバランスを考えます。

今回はクラッシックをあまり聴かない方々もいる場での演奏なので、
前半クラッシック、後半はポピュラーなものをと考えました。

前半のクラッシックは・・・

ドビュッシーの”アラベスク第1番”
ショパンの”ワルツ”
ベートーヴェンの”悲愴ソナタの第2楽章”
スカルラッティの”ファンダンゴ”


後半は・・・

NHKの大河ドラマ~”篤姫”のメインテーマ
NHKの大河ドラマ~”龍馬伝”のメインテーマ
のだめカンタービレで有名になっガーシュインの”ラプソディー・イン・ブルー”

その他日本の歌曲をピアノで演奏したかったのですが時間的にちょっと無理そうです。

これだけでも20分はかかります。

とにかく曲だけは早めに決めて練習開始!

この曲らにプラスしたりマイナスする方が楽ですもの。

軸はこれでいきます!


・・・そして、他の方が出られている時に流すBGMも頼まれています。
何か弾いて下さい・・・と、結構簡単に考えて頼まれちゃうんですよね、時々。

何をされるかわからない状態で曲を用意するのって、こちらも結構考えてしまいます~。

・・・手品とか???(笑)
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-20 21:07
先日の土曜日から大人の生徒さんのレッスンを開始いたしました。

アルゼンチン出身のEさんは、日本語堪能なスーパーウーマン。
高校生のお嬢さんがいらっしゃるとは思えないほど素敵なマダムです。
しかも海洋深層水を研究されるある大学の准教授!

昨年の春までお嬢さんにピアノを教えていたのですが、私がフリーになったことがきっかけでこの春からEさんご自身のピアノレッスンを依頼されました。

しばらくご無沙汰していましたのに、思い出してくださり本当に嬉しい再会でした。
こういうご縁は大切にしたいと思います。

さて、彼女のピアノを今回始めて聴かせていただきました。
わりとゆったりした曲がお好きなようで、ディズニーの曲を気に入られて弾かれていらっしゃいます。
仕事がハードなだけに、ゆったりした曲を弾かれることはとてもリラックスされるようです。
そういうお気に入りの曲が決まっている時は、毎回のレッスンで弾いていただこうとお話いたしました。

大人の生徒さんの場合、先生がお手本を見せることよりもご自身がピアノを沢山弾きたい・・という気持ちが強い方もいらっしゃいます。

その方にあったレッスンの進め方で、気が付いたらレべルアップしていた!・・・というのが理想です。

”こうでなければならない!”と教える側の気持ちを強要するのではなく、その方の気持ちがやる気になるようにもっていくことの方が長くピアノを楽しんでいただくことに繋がると思っています。

これも教える側としては忍耐がいることなのですが・・・。

よくお母さんが子供に”早くしなさい!”と声をかけるのはいけない・・・と言いますよね。

それと同じことです。
最短で弾けるように強制しすぎて、ピアノが嫌いになっては本末転倒。

Eさんの90歳で亡くなられたお母さまがピアニストだったこともあるので、その思い出を大切にピアノがEさんの心の拠り所であり続けるようお手伝いするのが、これからの私の役目だと思っています。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-19 09:37
御茶ノ水のカザルスホールが今年の3月で閉館したという記事を見ました。

かなりショックです!

実は今まで全く知りませんでした。

現在の所有者の日大による再開発のため、3月でホールは使用停止、今後ホール自体がそのまま残るという保証はなく、むしろもっと使いやすいように建て直しされる方向だそうです。

・・・残念です。

札幌から音大に通う為に上京し、入学式に出席するのより前にまずカザルスホールに行きコンサートを聴いたので、私にとっては音楽に関する最初の”東京での音楽体験”でした。
そして”東京のホール素晴らしい!”という記憶が今でも鮮明に残っています。

いろいろなコンサートに通いましたが、ある時期チェロの連続コンサートに凝って続けて通ったものです。

そんな日々を思い出しますと、なんとなく一時代が終わった感じがいたします。

いつかあのステージに立てたら・・・という夢もなかったわけではありませんが、何より本当に素敵なホールがもう見られないのかと思うとただただ悲しいです。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-16 00:13
3月のコンサートが無事に終わり、これでチェンバロとのご縁も一段落したと思っておりましたら、またご縁がありそうです。

9月に昨年出場したコンテストの優勝者としてご招待演奏の打診を頂いております。

不思議なものですね~023.gif

今年は私がピアノを教えている生徒さんK君も子供の部で出場する気満々、師弟で(笑)これからチェンバロ・チャレンジがスタート!

037.gif・・・どんなステージにそれぞれなるのか・・・楽しみです。

K君のチャレンジ情報もこれからお伝えいたしますね。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-15 09:26
今日は9月に予定しているコンサートの初練習でした。

まぁ、比較的真面目な3人なので(笑)、半強制的に練習日を決め譜読みを進めようという計画です。

しかし実は私はあまり練習が進まず、かなり危ない状態でした002.gif

が、奇跡的に歌との合わせは終了~058.gif

こんなことではいけないと、ほっとしつつも反省。

結局練習していった曲の倍以上を初見で弾くことになり、3人で初見大会!

こういう時、良い仲間に恵まれて楽しく練習が出来たことに感謝です053.gif

主にラヴェルとその時代に近い作曲家を集めたコンサートになる予定です。

次回は約一ヵ月後。

今度こそは頑張ります、特に自分のソロ以外は早目に・・・ですね。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-09 22:24
チェンバロのコンサートが終わり、今度は9月のコンサートに向けての準備開始。

歌とピアノの連弾(1台4手)の曲は楽譜をいただいていますので、やらねば~~~!と一気に譜読み。

自分の曲は以前に弾いたことがある曲なのでざっと思い出す程度の確認。
でも何年ぶりかなのでちょっと記憶が・・・042.gif

まぁ、自分のことは後回しです(苦笑)

来週の金曜日に合わせをするのでここから巻いていかねば!

みんなの力を合わせてこそのジョイントコンサートですから。

そして、私としてはアンコール用の曲が今弾いてみたい曲です。

ロシアの作曲家、カプースチンのToccatina Op.40

この曲を今年弾こうとちょっとやる気を出そうか・・・と思っているところです(笑)

自分の気分のおもむくままに選んだ曲・・・楽しみです037.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-04-02 19:54