<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

6月最後のコンサートの仕事が終了しました。
正直ほっとしております。

コンサートがあるとその日は半日以上そのことで拘束されますから
気分的にもちょっとストレスがかかります。

それが仕事というものでしょうが(笑)

でも現場へ行くと演奏することはとても楽しいので
自然にそのモードにスイッチが切り替わります。

私の場合はあまり余計なおしゃべりをしなくなります。
その方が集中できることは実体験済み。

明るく緊張をほぐそうとおしゃべりして上手くいったためしがない034.gif
リラックスする方法は人それぞれ違うと思っています。
本番まで緊張しないような指揮者のドキュメントを
TV番組で観たことがありますが、私に限ってはありえないな~。
だから凡人なのですが029.gif

さて、そんないたって普通人の私ですが
昨日の本番の朝に大変なことが起こりました。

朝30分くらい練習しようかと楽譜を探すと・・・???
ピアノの上に楽譜がありません。
おかしいな~、昨日生徒のレッスン前に
チラッと弾いてピアノ周辺に置いたのに・・・。

015.gif・・・どうやら生徒が自分の楽譜と重ねて持って帰ってしまったらしい。
確かに前日には生徒の楽譜がきちんと開かないので、
彼女の楽譜の右側を私の楽譜で押えた記憶があります。
そしてそのままピアノの右側に置いたはずなのに、
きれいに何もありません。
031.gif・・・Oh、こんな日に!

今までこんなトラブルにあったことはありません。
人生、本当に何が起こるかわかりませんね~。

本番は合唱の伴奏で合唱団の方々は暗譜で歌われるので
合唱団の方にお借りしても良かったのですが、
あくまでもこれは私のミス008.gif
急遽会場へ行く途中に銀座の楽譜屋さんで調達することにいたしました。

駅から近い楽譜屋さんにはなく、
結局少し歩くヤマハさんまで早歩き。

本番用のメイクに汗が・・・仕方ありません。
あとで修正しよう・・・。

本番が午後だったからまだ良かったという話で、
これが午前中でしたら大変でした。
合唱団の方にお借りしていたでしょうが、
こんなことは二度とないように反省・・・014.gif

指揮者の先生には集合に少し遅れる際にメールしたのですが、
”真面目な人だな~”と思ったよと言われました。

いえいえ、真面目だったら前夜準備してその時に気がついているはずで。

とりあえず、リハの時には早着替えもこなしメイクも修正でき、
その前には電車の中で新しい楽譜を譜めくりできるように折り返しをつけ、
鉛筆で一応チェックする部分を丸付けし、
ずっと楽譜を読んでおりました。

せめてもの準備です。
指もマッサージし血行を良くして・・・・(笑)

本番は無事に終わりました。

本番までスムーズにいかなかったことで、かえって本番は冷静に集中できたかもしれません。
自分のミスに反省していてたのです。
ですから本番の演奏でミスをするわけにはいかない。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-06-14 10:05
今日は銀座のヤマハに楽譜を買出し・・いえ、調達に行ってきました(笑)。

先日ようやく一つ仕事が終わったので、このやる気の波に乗って先に進もうと計画。

昨夜から選曲会議と称し持っているCDを片っ端から聴いていますが、
どうもピンとくる曲に出会えず。

今日の午前中もいろいろ聴き比べてようやく決定!

チェンバロのコンサートの方は・・・

ベームのヘ長調の組曲より”アルマンド”、
ヘンデルの組曲第7番より”パッサカリア”、
一応ヘンデルの組曲第8番より”アルマンド”も加えて。

そして最後にはD.スカルラッティのFandangoを演奏したいと思っています。

ゲスト出演なので、あまり長い時間弾くこともできず(笑)、
適度な長さでおさめねばなりません037.gif


友人とのコンサートはメインはもう決まっており、
またみんなにも遠慮してソロのアンコールは弾かないことを考えていましたが
昨夜CDを聴いていましたら弾きたい曲があったので、
アンコール用に練習しようと思います029.gif

カプースチンという作曲家の8つの演奏会用練習曲よりトッカティーナ。
JazzっぽいのですがCDはちゃんとクラッシックコナーにありますよ。

現代版ショパンと言われているようです。

たまにはこういう”サプライズ系の曲”を皆さんの前で弾くのも楽しい仕掛け053.gif

弾く方も、上手に弾けるようになりましたら絶対楽しい曲なんです。
譜読みが大変ですが頑張ります!

でも大量の曲を同時に練習することは不可ですので(笑)、優先順位を考えて始めなければ。

友人達との合わせは30日です042.gif

メインのソロはラヴェルなのでこちらも今回は弾けるようにせねば・・・。

またコツコツ練習の開始です。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-06-09 18:44
先週の土曜日、無事に仕事が終わりました。

始まってしまえばとても楽しい仕事ではありましたが
それなりにちょっとしたアクシデントも発生008.gif

でも・・・この仕事を遣り通せたことでまた一つ経験が増え、
いろいろなことを考え直すきっかけになりました。

私の人生の中でやはり”修行だったのかな”という事件(?)でした。

そして自分がいかに恵まれていて、いろいろな方に助けられているのかも再確認。

また今日から新たな気持ちでスタートできます!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-06-07 09:59
いよいよ明日はこの3週間準備してきた仕事の日です。

長かったような短かったような・・・複雑015.gif

このブログに愚痴ったこともありました、スミマセン042.gif
それを見た友人達が”らしくないね”と心配していたようです。

まぁ、振り返ると今年の春は不安定な気候でした。
日照時間も少なかったし・・・。
5月に入ってもすっきりしない変な1ヶ月でしたから、私自身も精神的に不安定だったと思います。

さて、今日は伴奏の仕事がOFFでしたので、家で練習したり楽譜の準備をしていました。
家にこもりすぎても良くないので、適度に外出も入れて。

でも、いざ本番が明日となり練習していると、
1音も間違えずに完璧に弾くというのは至難な業だと再認識。
今までさらっと弾けていたところが”あれ?”
ちょっとした変なミスタッチ。

今日は14時頃急に睡魔に襲われ1時間ほど昼寝をしました。
そのせいなのか・・・すっきりするどころか、ミスタッチが増えた。
015.gifなんでやねん。

多分まだ脳が寝たりなかったとみえて、脳が動いていなかったんじゃないかな。
・・・明日はいつもより早起きして、1時間ほど練習してから出かけます。

あまり当日弾くことはないのですが、さすがにソロなので。

緊張せず、明日で終わりだからという気持ちでベストを尽くしたいと思います。

このところ不調だった私の話を聞いて下さったP薬局のS先生。
ありがとうございます!
頑張りま~す029.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-06-04 22:59
ただ今集中して練習している曲の中の1曲、ChopinのWaltzOp.34-3。

この曲を初めて弾いたのは確か小学5年生だったでしょうか・・・。

全くピアノのエリート教育は受けていなかったのでかなりしんどかったのは覚えています007.gif

今こうして弾いてみますとChopinの良さがようやくわかります(笑)。

Chopinの曲は左手が難しいのです。

しかもWaltzとなると3拍子で跳躍する・・・ゆえに音をはずしやすい!!

子供の時は握力もまだないですし、私にとってはあまり好きではない作曲家でした。

でもピアノといえばChopinということで、家にいらした方の前で弾くと大人は喜ぶ・・というわたしにとっての矛盾とストレス(苦笑)。

そう、Chopinは多分弾くのも聴くのも”大人向け”の作曲家なのではないでしょうか?

大人の今の方がChopinを弾いていて楽しい。
もちろん左手の練習はかかせません。

今なら何故左手が大切かも理解できます。
メロディーをつかさどるのは右手ですが、テンポの鍵を握っているのは左手ですから、左手を練習することでぐっと弾きやすくなるのです。
メロディーを生かしつつ、Chopinらしさが出る・・・この年になってようやくです(笑)。

一番最初に買ったChopinのワルツのレコードは”ディヌ・リパッティ”でした。
学生時代はいろいろなピアニストの演奏を聴きましたが、今でも一番のお気に入りです。

この曲を弾くので最近久しぶりに聴いてみました。

自然なテンポ感のChopin。

王道・・・なのかな?
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-06-02 22:11