<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

さて、昨日ようやく切羽詰って曲を決めたことで踏ん切りがつき(笑)、

今日も仕事の後、自宅で練習していました。

珍しい~emoticon-0125-mmm.gif

金曜日はだいたいいつも息抜きDAYにしているからです。

チェンバロで弾く最後の曲をD.Scalrattiのソナタと決めたことで

本当に気が楽になりました。

そして毎度の事ながら、

きちんと一度チェンバロのレッスンを受けたほうが良いよね~という

考えが頭の中でむくむくと膨らみます。

しかし・・・、

正直よく考えると、とにかく曲を指に慣らすほうが先決なんです。

最後の最後は自分が頼りemoticon-0133-wait.gif

もちろん迷ったり疑問に思ったりすることが多々あります。

経験不足ゆえに装飾音のアイディアも貧困ですし。

でも・・・・、

とにかくにじにじと自分のものになるまで練習あるのみでございます。

これで9月の二つのコンサートで弾くトータル34曲が全て決まり、

だいたい弾けるようになりました。

一番最近決めた2曲はとにかくまだまだ余裕がないので、

繰り返し練習したいと思います。

今度は31日のリハです~。

自分のソロはまだ怪しいけれど、

他の合わせものは7割は出来ているので、

残り2割ぐらいにレベルUPさせて31日を迎えたいです。

この週末はとにかくピアノを弾く時間を作らねば。

これがなかなか難しいところです・・・。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-28 00:09
今日はチェンバロのスタジオでの練習でした。

半ば強制的にチェンバロを弾く予定を入れないと、

家で9月のコンサートの曲ばかり弾いてしまいがち。

チェンバロの演奏の方も気になりつつ、

今は”クープランの墓”もかなり心配な状態なものですから。

でもここにきて、

決断力のない私ですが少しは時間は割り切って練習できるようになって来ました。

どうしても練習していると”あともう少しこの曲を練習していたい”と思ってしまうんです。

しかし曲が少なければそれでも良いのですが、

何しろ・・・ここにきてまた1曲、曲が増えたemoticon-0114-dull.gif

チェンバロの方はやはり20分は余裕を見て用意しないといけないようなのです。

しかも長いものではなく時間がある程度読めるものを・・・とのリクエストあり。

もちろん私もあくまでもチェンバロコンテストの後の演奏なので、

長い間聴いている皆さんに多少なりとも聴き易いものをと思いながら選曲いたしました。

最後まで悩んだのはゆっくりとしたテンポの曲についてです。

意外と・・・ないのです(苦笑)

アンダンテで魅力的な曲・・・。

J.S.Bachは参加者の皆さんが多く弾かれるのでできればパスなんです。

悩んで・・・楽譜屋さんでいろいろ買ってきたのにしっくりこず・・・。

そして結局家で試弾しても決まらず、

ふと思い出したD.スカルラッティのK213のソナタ。

淡々と語られていくような雰囲気が良いのではと即決。

即決というかそれしかないな~という感じです・・・。

でもこの曲は以前から弾いてみたいと思っていた曲なのでO.Kです。

他にもヘンデルの”私を泣かせてください”など、

ゆったりとした誰でも知っているような曲も考えたのですが、

私はチェンバロは専門ではないですし

あのチェンバロの音色がより良く発揮できる曲の方が良かろうという判断です。

ということで、明日からまた1曲譜読みです。トホホ。

でも好きな曲ですから

今まであれこれ悩んでしっくりきていなかった選曲リストが

ようやく決まりちょっと嬉しいです!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-27 00:24
ようやくここにきて多少自分の理想の練習が出来始めています。

とは言っても、まだまだ満足度は3割程度emoticon-0114-dull.gif

何時間でも弾いていたいのに、他の事をせねばならないというこのストレス。

子供の頃は1時間練習するのに何度も時計を見ていた私も変わるものです(笑)。

とにかくソロを他の曲のレベルまでUPするのが先決な状態です。

楽譜を見ながら本番のテンポで弾けるようになりました。

31日のリハは楽譜を見ながらでも

きちんと通せるように弾けることが今週末までの課題です。

声楽の曲も12曲通しました。

あれだけ弾き辛かった曲達も以前よりは距離が縮まった感じがしています。

あと一歩歌とのかけあいやサポート部分を確認できたら

もっと良い状態でリハに望めそうです。

声楽の彼女とはリハが終わると9月20日まで合わせられないので頑張るしかありません。

ここまで18曲の練習をこなすと、今日は連弾の曲は練習できませんでした。

そして9月のコンサートと同時にチェンバロの曲も用意しなければなりません。

明日はまたチェンバロのスタジオで練習なのです。

チェンバロの曲はこのところあまり突き詰めていません。

明日はチェンバロの曲を午前中に練習し、

午後のスタジオに臨みたいと思います。

頭を切り替えるしかありませんね・・・emoticon-0141-whew.gif

今日はガンガン練習できて少し不安が消えました。

練習する以外に自信をつける方法はないのですから。

頑張ります!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-25 20:54
今日は連弾の合わせをしました。

8月31日に実際のホールでのリハーサルなので、

ここにきてようやく少し本気モードになってきました。

でも連弾は一人で練習で~きたemoticon-0152-heart.gif・・・と思っても、

一緒に演奏すると予想外に相手の音に影響されることも多々あるのです。


今日は小節のカウントだったり、

譜めくりする瞬間の次のページの音などを実際のテンポで確認。

今日上手くいかなかったところを早い段階練習しておかないと

何が上手くいかなかったかを忘れてしまうemoticon-0133-wait.gif

休みはもうほとんど望めない状況なので、

ここは前向きに練習して後で余裕が出来るように頑張りたいと想い始めました。

明日連弾の練習を1時間まずすること、これが目標。

他の曲も気になるところですが、

まず、鉄は熱いうちに打て・・・ということでemoticon-0159-music.gif

アンコールの曲も結構形になってきました。

もちろんこれから本気モードで参りましょうか!emoticon-0146-punch.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-21 00:03
一ヶ月の間にコンサートが2回あるのはそう珍しいことではありません。

しかし予定外に弾く曲が増えたり、それが伴奏ではなくソロの演奏となると

練習しなければならない時間は確実に増えますし絶対必要。

いつもならざっくりと練習して”こんな感じかな?”というところまで

もっていくのにさほど大変さはないのですが、

さすがにソロの曲を弾くとなると練習しなければ良いパフォーマンスできません。

今とりあえず状況ごとに練習を分け細かく時間を区切り、

練習の計画を立ててそれにしたがって練習してみました。

例えば弾けるようになってきたのでもう少し練習したいと思っても

時間になったので計画に従い速やかに他の曲を練習。

次の曲も弾けるようになったのでもう少し突き詰めたいが・・・時間になったら終了。

これを守って今日は練習してみると

なんとも広範囲の曲たちを少しずつ手中に収めることができました。

当たり前といえば当たり前なのですが、

弾けるようになるまで弾いていたい・・・というのがピアニストの欲というものでして。

明日は連弾のスタジオ練習。

今日はこれもCDを聴いたりしてイメージ作りも進んだと思う。

明日の合わせに間に合うように練習できたことは今日の良かったところemoticon-0136-giggle.gif

こういう地道な積み重ねと自分の怠けたがりの脳の対策を考えることで

一歩一歩マスターできることに自信を持ちたい今日この頃です・・・。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-19 22:30
昨年出場したチェンバロコンテストにてゲスト演奏することになりました。

毎年審査員も務められるチェンバリストの方が

長年演奏されていらっしゃったので、

私は前座程度でお役ごめんだと思っておりました・・・emoticon-0107-sweating.gif

あわよくばスカルラッティ1曲で失礼させていただこうと思っていたのです~。

これはまずい!

ちゃんと策をこうじねば・・・emoticon-0130-devil.gif

弾きたい曲はヘンデルの組曲から2曲とスカルラティから1曲、これは変わらず。

あとの2曲程度をどうするか・・・。

決まっている3曲で3分+5分+5分で13分ですから、

その他で7分は欲しいところ。

せっかくなので人がやらない曲を弾いてみたいという欲望が(笑)。

まだちょっと秘密です。

練習してみないとO.Kかどうかわかりませんからねemoticon-0136-giggle.gif

ラヴェルに集中したいのに、

逆にストレスが溜まっているせいか

こういうジャンルの違う曲を弾きたくなります~、あ、ヒント出てしまいました(笑)

お楽しみにemoticon-0102-bigsmile.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-18 20:59
”クープランの墓”の楽譜をコピーしてきました。

Durand S.A.Editions Musicalesの楽譜の音符、はっきり言って見辛いのですemoticon-0107-sweating.gif

シャープやフラットも時々印刷が薄くなっており怪しい・・。

しかも今回はラヴェルなので臨時記号が多いゆえ、

せっせとA4サイズをB4サイズの全曲コピーしました。

ようやくこれで鉛筆で書きこ出来ますemoticon-0116-evilgrin.gif 

・・・もう少し早く始めればね~、良いのにね。

でもようやく練習しなければ・・・から、

練習しよう!という気持ちに切り替わってまいりました。

これって大切!

焦る私の呟きを何度ここで書かせていただいたことやら・・・(皆さまに感謝です)。

やる気が出てきたところでこの波に乗るしかありません!

これからまた夜まで練習します!

今日は外に出るとオーブンの中にいるような

暑さの東京ですから丁度良かったです。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-17 16:17
ラヴェルの”クープランの墓”、頑張って(笑)弾いています。

少しずつ曲が自分のものになっていく作業中というところでしょうか。

このお盆休み中に読んでいた乾ルカ著の”メグル”というミステリーのように、

組曲を練習していますと作曲者の意図を一つ一つ

読み解いていくという感覚があります。

微妙に和音の音が替わっているのは何故だろう?

以前はその違いは認めていても

作曲者の意図までは自分自身に通じていなかったと思います。

確かにハーモニーの違いを感じ弾き分けてはいましたが、

今は弾いているとより作曲者を身近に感じられるのです。

これは信長貴富先生の初演を伴奏させていただき、

先生指導のコーラス講習会に参加したからこそ

身についた感覚だと思っています。


そして、

このお盆休みで久々にフィクションの小説を読んだことも

ピアノを弾く上でヒントになります。

私はフィクションの小説は推理小説以外は読まないのですが、

今回は縁あって乾さんの小説を読みました。

そして文章のなかでは状況や心情を描写するのに

どれだけの言葉が必要か再度痛感いたしました。

一つ一つベストな言葉を考えながら書き進むという作業は、

どこかピアノの練習にも似ている部分があります。

この音じゃない・・・

こんな感じかな・・・

ここはフレーズを大きく取ってこの小節までもっていこう・・・。

音は小節のよう文字として残りませんが、

頭の中は自分が考えた音の文章が沢山詰まっている。

しかも鳥瞰図付きで(笑)。

音探し、通し稽古・・・etc。

いろいろなことの組み合わせで演奏は成り立っている。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-17 09:09
今週はようやくお盆休みがそろい仕事がありません。

お盆休みがそろうとは・・・?

私のように伴奏を仕事にしていますと、
一つの職場で仕事をするわけではないので
各団体のスケジュールに合わせて自分のスケジュールも決まるという仕組み。

ある一つの団体だけが、
かなりやる気があり(笑)全く休みナシが続いておりました。
でもようやく来週がお休み。

これで少しまとまった時間が取れます。

さて、昨日は1日Offで練習する気満々だったのですが、
予想外にコンタクトレンズの受取に時間がかかり
テンションが下がり・・・emoticon-0107-sweating.gif

でも!
その後は、気持ちを切り替えて練習、練習。
いつもの私だったらここで家事をやらなくては・・と思って焦るのですが、
正直弾けていない自分を克服するためには割り切らねばと決意。

・・・決断力に乏しいのです、特に苦手なことには。

好きなことには決断力が早いのに・・・emoticon-0115-inlove.gif

横道にそれました。

とりあえず”クープランの墓”の終曲”トッカータ”から練習を始め、
一曲ずつさかのぼるという作戦で練習してみました。
正直終曲は一番テクニックが必要な曲なので早めに練習しておくにこしたことはありません。

どうにかこうにか初めの曲まで到達。
途中でどうしても家事をせねばならず練習が中断しましたが、
今度は初めの曲から終曲まで練習。

とりあえず25分以内で私のレベルでも弾けるはず(?)・・・とうことがわかりました。(多分)
これは大切emoticon-0133-wait.gif

若い頃は練習次第で出来が決まっていたような気がします。
もっと全体を見た演奏を考えるようになりました。
つまり1曲ずつ考えて演奏するのですが、
その曲の持つキャラクターも踏まえて弾き分けていくことが必要だと思うのです。

エネルギーの配分も大切です。

全曲を一球入魂でいくのはあまり得策ではないとこの歳になってようやくわかりました。

いや、歳を取ったからわかったのかな。

いやいや、上手な人は若いうちからわかっているのでしょう。

さぁ、これからまた練習です。

ラヴェルが何を考えているか・・・ということを
ようやく考えられる程の腕前にはなったかな?

地道な練習は続く・・・emoticon-0114-dull.gif
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-12 10:24
今日は伴奏の仕事の後に9月のコンサートの合わせをしていました。

正直、自分のソロの曲だけは全く進んでいないので、自ずと他の曲を合わせるための気持ちは低下し・・・。

こんな状態ではいけないとわかってはいるのです。

午前中にゆっくりと歌12曲を練習しました。

しょうがない、今日はこれで臨むしかありません。

午後一のコーラスの伴奏を済ませ、スタジオへ移動。

16:30からスタート。

予想外に3人で弾く6手連弾から練習をすることになりました。

これも前回ざっと弾いて以来手をつけていなかったemoticon-0114-dull.gif

ダメダメな私である。

しかしそんな時は開き直り集中力や曲への勘でカバー。

つまり直感で勝負するしかありません。

とにかく明日の仕事が終われば、一区切りつきます。

心に余裕がないな・・・と反省。

少しゆっくり過ごす時間を作りたいのが正直なところ。

でもそういう時間があったら練習した方が良い気もするし・・・。

焦らず欲張らず、でも一歩一歩進まなければならない。

深呼吸する時間が必要かも。

歌の合わせ、連弾は出来が悪くても合わせていたので大体のコツを覚えてしまっていたようです。

弾けるようになってくると合わせも楽しくなり。

emoticon-0133-wait.gif・・・これからはソロに集中、集中。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2010-08-10 00:20