<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4月の演奏会が21日(土)で全て終了しました。

2つのコーラスの2年に1回の演奏会でしたので、

なかなか曲数も多く、しかも2つとももちろん曲が違いますので

40曲以上になります。(あえて数えませんが・笑)

2年間の毎週の練習を重ねて実現した演奏会。

コーラスの皆さんも本当に充実感でいっぱいのご様子でした。

やはり努力の賜物だと思います。

指揮者の先生の大きな心による指導にも感謝です。

時々ぼーっとしているピアニストにも喝が入ることはなく、

温かく見守っていただいています。

本当にありがたい・・・。

今日からはまた新しいステージに向けて、新曲を練習し始めます。

心を引き締めて、また楽しんでスタートしたいと思います。

コーラスの皆さまとの演奏会に出演できたことを感謝して。

そして2つの団体とも、受付に東日本大震災への募金箱を設置させていただきましたが、

なんと!聴きに着てくださった皆様のお心で予想以上に集まりました。

音楽を通じて、この様な温かいお気持ちを頂戴し、

また再確認できたことは本当にありがたいことと感じています。

また頑張って皆様の前で演奏したい思います。
[PR]
by hibikore-koujyo | 2012-04-23 09:29
4月15日(日)NHK東京児童合唱団ユースシンガーズの第5回演奏会へ行きました。

信長貴富先生の”シング・ソング童謡集”を全曲歌うという情報が入り、

是非これは聴きに行かねば!と合唱団の方とうかがったのです。

NHK東京児童合唱団といえば、そのレベルは推察できますよね・・・。

素晴らしくそろった声(Voice)にハーモニー。

TVではなく生でその歌声を聴くべきですね。

今回は初演の作品が4曲、信長先生の作品1曲と

かなり難しい曲ばかり(しかも長い・笑)でしたが、

若者達(中3~高3の女子)は果敢にも取り組み

素晴らしい合唱の世界を披露してくれました。

プログラムにもありましたが、

放課後NHKに向かい練習するのはなかなか大変だったことでしょう。

でも今の若い人達が真剣にコーラスの取り組んでいる姿を拝見し、

良い刺激になりましたし安堵いたしました。

たとえ上手な人達でも、

協力してハーモニーを創り出す努力とその素晴らしさを感じたからです。


信長先生の作品の”シング・ソング童謡集”は若さあふれる演奏でした。

まずテンポはかなり速めに歌われていました。

そこが若さの秘訣???(笑)

といいますのは、ショパンコンクールなどでも

曲のテンポが昔より速く演奏されることがあるからです。

ブーニンのワルツの演奏がかなりセンセーショナルだったことは有名なお話。

審査も賛否両論。

でも結果は優勝だったわけです。

テンポも解釈のうちなので大切ですね。

でも今回は上手に歌える皆さんだったこともありのテンポだったと思います。

声や表現のレベルを大切にし、

あえて指揮者の先生があまり意図的な表現支持がなかったというのか。

指揮をしながら歌っている皆さんに、

”今どう感じているの?どう表現するの?もっと感じて歌ってよ!”

という指揮だったのです。

それはまるで合唱団に魔法をかける魔法使いのようでした(服装も・笑)。

とても素敵な指揮でした。

どんどんコーラスの世界に引っ張られる私なのです~。

摩訶不思議・・・。

最後に”シング・ソング童謡集”は

私が伴奏している合唱団が

信長先生に委嘱をして出来上がった作品なのですが、

会場で偶然信長先生に久々にお会いすることができ感激しました。

今は益々作曲の依頼が増え、

意欲的に作曲活動をされていらっしゃることと思います。

アンコールも信長先生の曲でしたので、

先生の作品がいかに人気があるか・・・

歌う人、聴く人に感動を与える作品なのかということを再認識。

春のちょっと、いえ、かなり嬉しいハプニング(?)でした!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2012-04-16 09:57
4月、いつの間にか桜が咲いてワクワクしていましたら、

あっという間に桜は散り始め・・・あ~、はかない。

というのも、今年はなかなか天気に恵まれなかったこともあり

特にお花見に行くこともなく外出の途中に眺める程度でした。

日本人は何故この淡い色合いの花が咲くとワクワクそわそわするのでしょうかね。

さて、私の最近の音楽関係は順調に進んでおります。

5日にはコーラスの演奏会があり、

伴奏の仕事も毎週が勝負ですがなんと頑張って活動が出来ています。

そして今週末はまた一つコーラスの演奏会。

頑張ります!

今気になっている事柄といえば・・・

9月に開催されることに決まった自主コンサートの練習が

まったく進んでいないということでしょうか。

ことでしょうか・・・なんて他人事みたいに書いてみましたが、

進めておかないと後でお尻に火がつくことになりますよね。

その他、指導しているコーラスの選曲や指導法も、

今はまだ手探り状態ですがもう少し明確にしていけたらと思っています。

私はひらめいて進めるということもありますし、

演奏については案外計画的に考えて進めることもあるんです(笑)。

自分だけならその時々で臨機応変にできますが、

コーラスという団体を率いていますと

なかなか団体ですばやく方向転換できませんよね。

すぐに理解できる人もいれば、時間がかかる方もいらっしゃる。

でもそれで良いと思っています。

音楽を演奏したり歌うという行為は自己表現ですから、

本人が納得せず演奏していても決して良いものが生まれないと思うからです。

今日から4月も中旬ですね。

ゴールデンウィーク前に仕事もこなしながら、

9月のコンサートの準備や増えた仕事をこなせるように頑張りたいと思います。

皆さんも良い週明けをスタートさせてくださいね!
[PR]
by hibikore-koujyo | 2012-04-16 09:31